このリフィルはスケジュールリフィル使い放題プラン該当リフィルです





1日を4つのカラーに配色。「どの時間帯にどのくらいスケジュールが入っているのか」ひと目で分かるようにデザインしました。

マンスリーと併用する場合、時間帯のカラーを合わせることでスケジュールの一覧性が飛躍的に向上します。




見開き1週間は、一番人気のあるタイプです。

市販されている手帳で一番多いタイプが、見開き1週間をメインに、予定の一覧性を高めるために月間スケジュールを使う併用タイプです。この併用が一番バランスが取れていると考えられています。

見開き1週間タイプは、「1日1ページタイプでは記入欄が多すぎる」「月間タイプだと記入欄が少ない」と感じている方にオススメです。

スケジュール欄は、時間軸が縦のバーチカルタイプです。横書きで文字を書く方には、とても使いやすいタイプになります。バーチカルタイプは近年人気のデザインです。

見開き1週間タイプは、長期予定の一覧性が若干低下するため、月間タイプと併用すると便利です。

DSC00530_R

su632



自作リフィルで一番手間のかかる作業が、日付や祝日、六曜などの入力です。この作業が面倒になって、途中で自作リフィルの制作をあきらめてしまったことがあるかもしれません。

手帳リフィル工房では、この作業を劇的に低減させるために、日付・祝日等を自動で入力し、リフィルシートを自動生成する機能を新たに加えました。

日付自動入力タイプのリフィルは、エクセルファイルにマクロ(プログラム)が組み込まれており、そのプログラムを実行することで、1年分(2018年度分)のリフィルが自動で生成されます。

プログラムと言っても、あなたが行うことは、エクセルファイルを開いて、リフィル作成ボタンを押すだけです。



ワンクリックで、アッという間に1年分のウィークリーリフィルが出来上がります。

ウィークリーリフィルの場合、52週分のリフィルを作成する必要があります。見開きで52ページのリフィルを作るのは大変です。

それを、わずか30秒で自動生成することができます。


su633

su634



リフィルはエクセルで制作されています。

プログラムの都合上、月・日付・曜日・六曜(暦)・祝日・カレンダーが表示されるセル(位置)を変更することはできませんが、それ以外のデザイン変更が可能です。

フォントの種類・サイズ・色、線の種類・色・太さ、セルの色を自由に変更することができます。

su635



日付自動入力リフィルは、ひな形となるリフィルを基に、日付入りのリフィルを自動生成します。

そのため、ひな形のリフィルを変更すれば、1年分のリフィルに変更したデザインを反映することができます。

1年分のリフィルを1ページずつ、デザイン変更する必要はありません。

su636



リフィルを自動生成すると、1年分(52週分)のリフィルシートが出来上がります。このシートであれば、制限なくデザイン変更することができます。

例えば、年末年始の休日、ゴールデンウィーク、夏季休暇など長期休暇のスケジュール欄の色を変更する、誕生日など特定の記念日に文字を入力するなど・・・

リフィルはエクセルで制作されていますので、文字を入力したり、セルの色を変更するだけの簡単作業で、あなたのオリジナルリフィルを作ることができます。

su637




su231

シンプルでスタイリッシュなEnglish Styleと、情報が充実したJapanese & English Hybrid Styleを用意しました。あなたのライフスタイルに合わせて使い分けて下さい。



English Styleは、英語表記でシンプルかつスタイリッシュなリフィルです。



Japanese & English Hybrid Styleは、日本語と英語で表記したタイプです。六曜や祝日を入力することができ、情報が充実したタイプのリフィルです。



西暦と和暦を併記できます。月も英語・日本語で入力できます。六曜、祝日を入力することができます。


su325



スケジュール記入欄に4色のカラーを配置して、スタイリッシュでカラフルなリフィルに仕上げました。

この4色のカラーを使って時間帯別にスケジュールを分類することができます。時間を色分けすることで、それぞれの時間帯をブロック単位で把握することができます。俯瞰したカタチで時間を見ることができるので、効率良く1日を過ごせます。



月曜始まりと日曜始まりの2種類をラインナップ致しました。あなたのライフスタイルに合わせて選択が可能です。



朝8時から夜10時までの15時間対応です。時間軸は近年人気のバーチカルタイプ(時間軸が縦方向)です。

この時間はあなたのライフスタイルに合わせて自由に変更が可能です。簡単に変更できるのも、エクセルを使った手作り手帳リフィルの特長です。



タスク欄は2つに分類されています。今週やるべきことをリフィル左側に、今日やるべきことをスケジュール欄の上部に設けました。

日々のタスクをきっちりこなすことで、「充実した1日を過ごした!」という実感を持つことができます。そのため、今日やるべきことを一番見やすいスケジュール欄の上部に配置しました。



今日必ずやらなくてはならないタスクを記入します。まずは、このタスクを優先的に完了させるようにします。



「今週やること」を記入します。今週やらなければならないが、まだ日にちが決まっていないことを一時的に記入します。その後、日にちが決まった段階で、「今日やるべきこと」に記入していきます。



タスク欄の左側にチェックボックスを配置しました。終わったタスクにチェックを入れて、未完了のタスクと明確に分けることができます。

完了と未完了のタスクが一目で分かるので、「1日の中で、自分はどのくらいのタスクをこなせているのか?」という進捗具合が分かります。



「今週やること」の下側に、今週の振り返りをする欄を配置しました。

毎日をただ何となく過ごすのではなく、毎週決まった日に1週間の振り返りをする。この振り返りを基にして、翌週の予定を立てていきます。

これを習慣化させることで、自分の成長を実感することができます。



ページの左側に2ヶ月分のカレンダーを配置しました。予定を立てる際に便利です。



カラータイムシリーズのリフィルとデザインを合わせました。マンスリーと併用する場合、デザインの統一感がアップします。


su234

市販されている手帳は、デザイン変更できないので、あなたが手帳に合わせる必要があります。

しかし、このリフィルはエクセルで制作されているので、あなたの成長ステージに合わせて、柔軟にデザイン編集することが可能です。つまり、あなたのライフスタイルに手帳を合わせることができるのです。

手帳はパートナーで、主役はあなた。あなたのライフスタイルに合わせて、さらにアップグレードできます。




su243

1.日付自動入力タイプ(日付・祝日・六曜・カレンダーを自動入力するタイプ)

■ リフィルサイズ:A5
■ エクセルデータでのご提供になります
■ 月・日付・六曜・祝日・カレンダーを自動で生成します
■ 月・日付・六曜・祝日・カレンダーが表示されるセル(位置)を変更することはできません
月曜始まり版・日曜始まり版
生成できるリフィルは2018年度(2018年1月1日から2018年12月31まで)及び、2019年度(2019年1月1日から2019年3月31まで)となります。それ以外の日付は入力できません。


su247

su248

※上記をクリックすると、エクセルファイルがダウンロードされます。サンプルのため、編集はできません。




お支払方法は銀行振込もしくはPayPal(ペイパル:クレジットカード支払い)となります。

購入ご希望の方は、下記ボタンをクリックして下さい。

価格:2,480円

 
このリフィルはスケジュールリフィル使い放題プラン該当リフィルです





Q.スケジュールリフィルを使ってみた感想

手帳リフィル工房のリフィルに出会う前は、自分でスケジュール帳を作成していました。しかし、日付や祝日などの設定をするとなると、とても時間がかかりました。手帳リフィル工房のリフィルでは、ボタンひとつででき、大変助かっています。

Q.購入を検討されている方にメッセージをお願いします

現在は「使い放題プラン」があるので、とってもお買い得だと思います。

Q.スケジュールリフィルを使ってみた感想

日付が自動で入力できるのは、非常に便利!文字の大きさ、配置も見やすい。罫線の色、太さも最初の設定で使いやすく私の好みです。

Q.購入を検討されている方にメッセージをお願いします

背景に色がついているので、時間帯が視覚で認識できて見やすいです。シンプルで、工夫して自分なりの使い方ができる手帳だと思います。




購入者の方から、度々いただいていた質問です。その当時は、日付を自動で入力するリフィルが完成していなかったため、「日付はご自身で入力して下さい。」と答えるしかありませんでした。

私自身、日付の手入力が大変であることは知っていましたので、このような回答をしなければならないのは、本当に心苦しかったです。

しかし、もうこのような回答をする必要もなくなりました。




日付や六曜、祝日を手入力するのはとても面倒です。この作業が面倒で、せっかく自分で作ったリフィルを途中で使わなくなった方がいるかもしれません。

私は、この作業が面倒で、一度、市販の手帳リフィルに移行したことがありました。数年、市販の手帳リフィルを使いましたが、結局は自作リフィルに戻りました。

やっぱり、自分のライフスタイルに合わなかったからです。

自作リフィルに戻り、今も自分で作ったリフィルを使い続けているのは、日付等の入力が自動になり、面倒な作業から開放されたからです。

過去の私のように、日付を入れるのが面倒だから、せっかく作ったリフィルをあきらめて欲しくないのです。




このホームページをご覧になっているあなたは、市販されている手帳では、自分のライフスタイルに合わず、ご自身でリフィルを作ってみたい、もしくは、作った経験があると思います。

最初は、収録されているリフィルをそのまま使っていただき、少しずつリフィルをあなた好みのデザインに育てて行って下さい。

すぐに自分の理想となるリフィルはできないかもしれません。

日々使っていくうちに、「この部分はもうちょっとこうした方がいいかも。」と修正箇所が出てきます。

それを少しずつ修正していくことで、確実にあなたのライフスタイルに合ったリフィルに近づいていきます。

「毎日、リフィルを使うのが楽しみ!」

自分で作ったリフィルを、長く大切に使って欲しいのです。

なぜなら、自分のライフスタイルに合った手帳リフィルを越えるリフィルは存在しないからです。




手帳リフィル工房では、あなたが丹精込めて作ったリフィルを、長く使い続けられるように、考え続けています。

その完成形が、日付を自動入力するスケジュールリフィルなのです。

自作リフィルで、一番のネックとなる、日付等の入力を自動化することができます。

10年近く、自作リフィルを作り続けてきて、ようやく理想にたどり着きました。

「誰でも簡単に、自分のライフスタイルに合ったリフィルが作れるように。」

その願いが、叶ったのです。
 


su242

A5サイズのシステム手帳用リフィルです

A5サイズのシステム手帳用リフィルです。

A5サイズシステム手帳(6穴)、A5サイズルーズリーフ(20穴)で使用できます。無地のリフィル、ルーズリーフに印刷してご利用下さい。

また、A4用紙を半分に切って(A5サイズにする)、印刷して、穴を開けて使うことも可能です。

手帳リフィルはエクセルファイルでのご提供になります

手帳リフィルは、エクセルファイル(データ)でのご提供となります。ご利用には、パソコンにマイクロソフトエクセルがインストールされていることが必要です。

エクセルに収録されているフォント(書体)はMSゴシック・Century Gothicとなっております。ダウンロード後、好きなフォントに変更して下さい。

プリンタの種類によっては、きれいに印刷できない場合があります。

このリフィルはカスタマイズ(編集)可能です

エクセルファイルに収録されている手帳リフィルをそのまま使うことはもちろんのこと、あなた自身で手帳リフィルを自在にカスタマイズすることも可能です。

エクセルを使うことができれば、収録されている手帳リフィルをカスタマイズして、あなたの理想とする手帳リフィルを簡単に創り上げることができます。

※日付自動入力リフィルの月・日付・六曜・祝日・カレンダーが表示されるセル(位置)を変更することはできません。

分からないことがございましたら、お気軽にお問合せ下さい

リフィルご購入についてご不明な点等ございましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問い合わせ下さい。