su612

su613

毎年行う健康診断。

年々コレステロールの値が高くなっているのは知っていた。

いつかはと思っていたが、今回「要治療」の評価になってしまった。

健康診断の結果を見た時は、
「これからは体に気をつけよう」「食生活を改善しよう」と思う。

しかし今、体に何か異常がある訳でもない。

何日かすると検査結果のことを忘れ、
今までと同じような不摂生な生活に戻ってしまう。

健康診断の結果も、
ちょっと目を通しただけで、どこかにしまってしまった。

自分ではいつもと同じと思っていたはずなのに、
体の中では少しずつ病気が悪化していた。

そして、ある時受診した健康診断の結果、大きな病気が見つかる。

「あの時、きちんと食生活を改善すべきだった・・・」


su614
「自分の体は自分が一番知っている」という人がいますが、こういうのが一番危ないです。

自分の健康を過信しないこと。これが大切です。

どんな病気でもそうですが、早期発見、早期治療が大原則です。

不用意におびえる必要はありませんが、健康に臆病であるくらいがちょうど良いと思います。

su615
自分の健康を保つために必要なことは、「健康診断の検査結果を忘れないこと」です。

客観的に自分の体の状態を把握できるのは、健康診断や人間ドックの検査結果です。

今、自分がどんな状況かを把握しておかなければなりません。そして、今以上に悪くならないように日々気をつけていくことです。

su616
年1回の健康診断の他にも、かかりつけの病院で検査をすることもあると思います。

私は、年1回の健康診断の他に、献血、胃カメラ検査・大腸内視鏡検査を定期的に受けています。となると、年間3~4回は、何らかの検査をしているのです。

一つ一つの検査結果は、その時の状態を客観的に示したものです。これらの検査結果を1つに集約すると、時系列で検査結果の推移が分かります。

検査結果の数値が徐々に良くなっているのであればその調子で、もし悪くなってきているのであれば、その原因を取り除くための対処をすることができます。

このように検査結果の推移を見ていくことで、自分の体の小さな変化にも気がつくことができるのです。

su621
通常、健康診断の結果は、「基準値内であればOK」「基準値外であればNG」という判断をすると思います。

健康診断の結果が、「数値が基準値内」であったとしても、それは「その時点での検査結果が基準値内」であることしか分かりません。

しかし、過去の検査結果を時系列に並べると、「数値が基準値内であるが上昇傾向である」「数値が基準値内で安定している」など、その傾向が分かるようになリます。

例えば、「コレステロール値が基準値内であるが上昇傾向にある」ことが分かった場合、この生活を続けていくと、いずれ基準値から外れてしまうことが分かります。

このように記録を続けることで、数値が基準値から外れてしまってから対策をするのではなく、「検査結果が基準値内だけど上昇傾向になっているので、数値が悪くなる前に対策しよう」と早い段階で対策ができるようになります。

su618

dsc01576_r

リフィルの左上に名前を記入します。家族分のリフィルを印刷すれば、家族みんなの健康チェックができます。名前の右側には、病院名などの受診機関を記入します。その下に検査日を記入します。

リフィルは全部で2種類。あなたの好きなスタイルに合わせて使い分け可能です。

1.標準タイプ

dsc01577_r

身長や体重等の身体計測を記入します。リフィルはエクセルで制作されているので、項目はあなたの自由に変更できます。

dsc01578_r

血液検査結果を記入します。項目は自由に変更可能です。

dsc01579_r

その他、チェックしておきたい検査項目を記入します。

2.フリータイプ

dsc01567_r

フリータイプはあなたがチェックしておきたい検査項目を自由に記入することができます。


健康チェックリフィルはA5サイズのシステム手帳用リフィルです。

A5サイズシステム手帳(6穴)、A5サイズルーズリーフ(20穴)で使用できます。無地のリフィル、ルーズリーフに印刷してご利用下さい。また、A4普通紙(コピー用紙)を半分に切って(A5サイズにする)印刷して、穴を開けて使うことも可能です。

リフィルはエクセルで制作されており、自由にデザイン変更することが可能です。フォントの種類、線の色や太さなどを変更することができます。

※リフィルはエクセルファイルでの提供となリます。


■リフィルに記載されている検査項目の基準値について

リフィルにあらかじめ記載されている検査項目の基準値は、全国健康保険協会で公開されているものになります。

この基準値は検査機関によって若干異なることがあります。基準値は、あなたが受診された検査機関に合わせて修正して下さい。

su617
私が、このリフィルを作ったきっかけは、父の死です。私は、3年前に父を肺がんで亡くしています。

2011年、東日本大震災の年に、父の肺がんが発覚しました。

血圧は高かったのですが、それまで大きな病気はしていませんでした。とにかく病院嫌いで、健康診断も受けたことがありませんでした。

そんな中、1年くらい咳が続いていたので、母が無理やり健康診断を受けさせました。

その結果が、肺がんのステージ4です。

がんになって父本人が一番つらかったと思いますが、それを支える家族も同じようにつらい日々を送りました。

父が亡くなった後も、「定期的に健康診断を受けていればもっと早い段階で見つかって今も生きていたかもしれない」「父に受けさせた治療が本当に最良な治療だったのか。もっと良い治療法があったのではないか?」と悔やむ日々が続きました。

父の死を通じて、「残された家族は父の分まで生きなければいけない」と感じました。

そのためには、定期的な検診と家族の状態をきちんと検査結果を通じて把握しておく必要があると思ったのです。

img_9400_r

su619

su622

お支払方法は銀行振込もしくはPayPal(ペイパル:クレジットカード支払い)となります。

購入ご希望の方は、下記ボタンをクリックして下さい。

価格:3,000円1,980円(期間限定キャンペーン)