スケジュールリフィルの特長


スケジュールリフィルは、主にスケジュールを管理するためのリフィルです。デイリー(1日)・ウィークリー(週間)・マンスリー(月間)の3タイプをラインナップしております。

手帳リフィル工房のスケジュールリフィルの特長は下記になります。

1.リフィルをエクセルで制作しています



スケジュールリフィルは、マイクロソフトの表計算ソフトExcel(エクセル)で制作されています。

収録されている手帳リフィルをそのままご利用いただくことはもちろんのこと、あなたの好きなデザインに変更(カスタマイズ)することが可能です。

※日付自動入力版リフィルの場合、月・日付・六曜・祝日・カレンダーが表示されるセル(位置)を変更することはできません

2.日付や六曜、祝日等を自動で入力してリフィルを作成します



自分で手帳リフィルを自作することは、自分のライフスタイルに合わせたリフィルを作ることができるなど、たくさんのメリットがあります。

しかしながら、メリットだけではありません。自作手帳リフィルを作るにあたり、ひとつだけデメリットがあります。

それは日付や曜日などの入力です。

マンスリーリフィルであれば12ヶ月分、ウィークリーリフィルであれば54週分、デイリーリフィルであれば365日分、1ページずつ月、日付、曜日、祝日、六曜(暦)などを入れなければなりません。

この入力作業が面倒なのです。

その面倒な入力作業を圧倒的に低減させるために、手帳リフィル工房のスケジュールリフィルには、日付、六曜、祝日、カレンダー等を自動で入力する機能を搭載しています。



エクセルファイルを開いて、操作パネルシートのボタンをクリックするだけで、1年分の手帳リフィルがアッという間に出来上がります。

1年分の手帳リフィルを作るのに、あなたの行う作業はたった1つだけ。

リフィル作成のボタンを押すだけです。

通常、月間リフィル1ヶ月分の日付、六曜、祝日、前月と翌月のカレンダーを手作業で入力すると、かかる時間は約15分。

これを12ヶ月分行うと15分×12ヶ月分=180分(3時間)かかります。



それが、日付自動入力リフィルを利用すると、わずか4秒!

手帳リフィル工房のスケジュールリフィルを使うことで、面倒な日付の手入力作業から解放されます。

日付自動入力リフィルの動作


デイリーリフィル



ウィークリーリフィル



マンスリーリフィル



日付自動入力リフィルについての注意事項


1.日付自動入力リフィルのプログラム変更はできません。

2.月・日付・六曜・祝日・カレンダーが表示されるセル(位置)を変更することはできません

3.あらかじめ決められた期間のリフィルを自動生成します。それ以外の日付を自動生成することはできません。
 
※2018年度版の場合は、2018年1月1日から12月31日までのリフィルが作成可能です。
 

注意事項


1.マイクロソフトExcelがインストールされていることが必要です

スケジュールリフィルをご利用いただくには、マイクロソフトの表計算ソフトExcel(エクセル)がインストールされていることが必要です

2.手帳リフィルの印刷にプリンタが必要になります

手帳リフィル工房で販売している手帳リフィルは、エクセルファイル及びPDFファイルでのご提供となります。

ご利用の際は、無地のリフィルやルーズリーフに印刷していただく形となります。そのため、プリンタが必要となります。

また、プリンタの機種によってはきれいに印刷できない場合があります。

ご購入の際は、サンプルリフィルをダウンロードしていただき、正常に印刷されることをご確認の上、購入手続きをして下さい。

3.プリンタ設定・印刷方法についてのサポートはありません

手帳リフィル工房では、プリンタの設定・印刷方法についてはサポートしておりません。

パソコンのOSや、プリンタの機種が多岐にわたり、すべての機種について確認することが困難なためです。

手帳リフィルをご購入される方は、上記をご承諾の上、購入手続きをよろしくお願い致します。

次の記事>エクセル版リフィルをオススメする4つの理由